<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか

レーシックにおきましては、まず最初に眼球に麻酔をすることとなりますが、これは目薬となっているので注射で痛みを感じる麻酔ではありません。
目薬の液体の中に含まれている麻酔となる成分で効果が出て、このことを点眼麻酔と言います。 これまでのレーシック手術の歴史の中で余計に視力が悪化してしまったり失明をしてしまうという事例は国内ではありません。
しかし目にメスを入れるので絶対にリスクは無いというワケではありませんので、レーシックのリスクは理解をしておきましょう。
レーシックが実際にどのようにして行われているのか大まかな手術方法を事前に理解しておくようにしましょう。
「レーシック手術の話を聞きに行ったらイメージと全く違う」とならないように勉強をしておきましょう。

 

実際のレーシックにおきましてはレーザーで角膜を削り、その場所にレーザーを照射させ、フラップを調整していくこととなります。
最終的には抗生剤が含まれた目薬を挿して終了となり、その時間は15分〜30分程度と非常に短くなっています。



<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのかブログ:21-1-07

オレたちの健康を維持していく上で、
栄養バランスを考えた食べる事がとても大切になります。

特にエネルギー源となる3大栄養素、
たんぱく質(Protein)、脂質(Fat)、炭水化物(Carbohydrate)の
頭文字をとった、
PFCバランスは健康に大きく影響を及ぼします。

PFCバランスは、
栄養の質を評価する指標のひとつです。

体質にとって理想的なPFCバランスの割合は
たんぱく質15%、脂質25%、炭水化物60%程度といわれています。

ライス・麺類・菓子パンなどの炭水化物は、
オレたちの体質の主なエネルギー源として利用されます。

特に脳や神経系に関しては唯一のエネルギー源ですので、
不足すると頭の働きが鈍ってきます。

燃焼スピードが速いため、
体質の中に入るとすぐにエネルギーとなってくれます。

マグロ・ささ身・大豆などのたんぱく質は、
筋肉・爪・皮膚・内臓などを構成する細胞の主成分であり、
体質の機能を助けたり、調節する酵素やホルモンの材料となります。
オレたちの体質をつくる大切な栄養素です。

牛・豚バラ肉・ウナギ・さんまなどに含まれる脂質は
体質の細胞膜・血液・ホルモンなどの原料となり、
ビタミンA・D・Eなどの脂溶性ビタミンの吸収を助けます。

また皮下脂肪・内臓脂肪として内臓や骨格を保護したり、
体質の中に蓄積できる効率のよいエネルギー源になります。

ひとつのものに偏らず、
栄養バランスを考えた食べる事をとることが、
健康への大切な条件となるわけですね。

7時・12時・夜と
一日3食バランスのよい食べる事を心がけましょう。