<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

 

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。



<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21-6-17

ダイエットをするなら、
食べる事について注意を払うことが必要になってきます。

まずダイエットの基本として、
脂肪分と糖質を、
いかに食べないようにするかがカギになります。

脂肪分については、
摂取したものが体脂肪という形で貯蔵されていきますから、
ダイエット中は控えるべきなんですよね。

揚げ物などの料理を
ダイエット中は、あまり食べてはいけないということは、
なんとなくイメージすることができるでしょう。

でもね、
糖質も、あまりに大量に食べてしまうと
体脂肪に変化をしまうんですよ!

体の中に糖質が取り込まれると、
インスリンというホルモンが体内に吸収しようとします。

インスリンは、糖質を体内に吸収するときに、
体脂肪という形に、糖質を一度合成し直してしまうんですよね。

かつて、
低インスリンダイエットというのが、
注目されたことがあります。

低インスリンダイエットは、
インスリンの特質をヒントに考案されたダイエットなのです。

糖質と聞くと、「甘いもの」というイメージを
持たれる方もいらっしゃるかもしれません。

実際、ケーキやおかしなんかは、
糖質を多く含んでいます。

しかし糖質は、おかしや甘いものだけではなく、
炭水化物にも多く含まれているんですよ!

炭水化物というと、
ごはんや食パンといった、
私たちの主食に多く含まれています。
ですから、なかなか量を減らすのは難しいかもしれません。

ダイエット中は、
ごはんや食パンの代わりに
野菜をたくさん食べるなどして、
空腹を他の食材でごまかすという方法を探ってみましょう。