<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック


<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
レーシックというのは術中や術後の痛みを生じることはほとんど無く、手術による目へのダメージが比較的少ない治療方法となります。
着々とレーシックも広がりを見せており、次第に白内障の手術件数を上回り、 レーシックが占めることになるだろうと予想されているのです。 どんな手術でも失敗のリスクがあるようにレーシックでも同じようなことが言えるのです。
しかし他の手術とは異なり、その失敗例は非常に少なく成功率の高い手術とも言えるでしょう。
日本におきましては、2000年に厚生省からレーシックが認可されることになり、今では年間2万5千人の人がレーシックを受けています。
各クリニックのホームページを確認してみますと、実に95%以上の人が裸眼で1.0以上まで視力回復をしているのです。

レーシックの手術法というのは、眼の中のレンズとされている角膜に安全性の高いレーザーをあてて治療をしていきます。
屈折率を変化させていき、ピントを徐々に合わせていくことで、視力回復を実現出来る手術となります。




<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシックブログ:21-1-13

俺は現在あさ食を食べていますが、
食べるものや食べ方を間違えて、
かえって太ってしまったことが過去にあります。

おそらくネットやテレビなどからの情報で
「減量のためにはあさ食は必ずとるべき」
と考えてのことだったと思います。

かなり長い間あさ食を食べる習慣が無かったので、
とりあえずは食べやすいものを…と、
ブラックコーヒーに小さな菓子パンを食べていたのですが、
あっという間に体重は1`ほど増えました。

今考えると
昼・夕方食や運動の内容は変わらずに、
菓子パン分が毎日の食生活に加えられたわけですから
太るのは当然なのですが…

これもどこかで聞いた
「あさは代謝が高いから甘いものでも大丈夫」
という情報を鵜呑みにしていたのと、
その時はあさ食をとることだけにとらわれていたのが
失敗の原因です。

昼と23時の2食だった人が、
あさ食をとるようになっても
昼・23時の食事量やメニューが
まったく変わらないのであれば、
単にカロリーオーバーになってしまい、太るのは当然ですよね。

結局、人それぞれの生活に応じて、
決定するのが最善ではないでしょうか。

例えば
あさ食をとることで便秘が改善されたとか、
23時遅くにたくさん食べることが減ったとかの効果があれば
あさ食をとったがほうが良いでしょうし…

あさ食を抜いたとしても仕事の能率も悪くなく、
昼前にお腹が減らないのであれば、
まったく問題は無いと思います。

たとえあさ食を習慣にしていても、
たまたま前日の遅い時間にごはんを食べたなどの理由で、
翌あさに食欲が無い場合は、無理して食べる必要はないと思います。

その後の食事の量が守られていれば、
あさ食を抜いて調整することも効果的な場合もあります。

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック

★メニュー

<レーシックガイド>何よりもクリニックのサポート体制に注目
<レーシックガイド>レーシック治療の実績数は要チェック
<レーシックガイド>レーシックの安全性は非常に高い
<レーシックガイド>日帰りで出来るレーシック手術
<レーシックガイド>割引制度を利用してレーシック手術
<レーシックガイド>手術なので確実に成功するとは限らない
<レーシックガイド>これからは裸眼で快適に生活
<レーシックガイド>レーシックはどのように行われるのか
<レーシックガイド>まだまだ新しい技術のレーシック
<レーシックガイド>事前にレーシックの給付金を確認


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)コンタクトよりも絶対にレーシック